相続時に銀行口座は凍結します

父が亡くなり、すぐ父が保有していた銀行口座は凍結になります。そのため、葬儀のお金など準備するために事前に口座を開設して、すぐ準備できるお金を貯めておきました。相続は母と私の2人で、一人っ子なので、法定相続人分の控除を利用して相続税の手続きを行いました。また、大阪で医院開業では保有する不動産や色々と税金が発生するため、節税対策をきちんと考えておきました。110万円の基礎控除を利用した相続税対策を考慮して、110万円ずつ数年間贈与するような手続きをとり、事前に控除を活用できるよう少しずつ動いていました。計画的に動かないと相続税が発生するため、しっかりと情報収集しておき、どうやったら節税対策ができるかなど事前に調べておきました。年間110万円を超えると課税対象になるため、そこはきっちりと手続きして計画的に対策することにしました。亡くなった後は、何かとバタバタするので、スムーズな動きができるようにきっちりと計画を立てて動くようにするなど事前に下調べしました。